HOME >>イタリア語コース>>レギュラーコース

レギュラーコース

ここが違う!ピアッツァイタリアのレギュラーサービス。レギュラーコースは、イタリア語をじっくりと学習したい方の為のコースです。1ターム90分X11回、毎週1回レッスンを行います。次タームは、11回目のレッスンの翌週から始まり、同じ講師が続けて担当します。担当講師に1ターム内でのレッスンの進行を一任しているので、皆さまの習熟度に合わせて修復をしながら着実に無理なくステップアップできます。また、「毎週レッスンに通うのは難しいかも・・・」という方にも安心の、振替レッスン制度を設けております。ピアッツァイタリアでは1冊のテキストをただ学習するのではなく、様々な資料、CDや映像等を使いながら、イタリア語が皆さまひとりひとりものになるようにレッスンします。明るい教室で、イタリア人講師や仲間と一緒に楽しみながらイタリア語を身につけましょう!イタリア語を始めて学習する方はもちろん、過去に会話や文法の学習をされた方、またイタリア留学経験のある方まで、いろいろなコースの中からあなたに最適のレベルをお選びいただけます。どうぞお気軽にお問い合わせください。

講師はすべてプロフェッショナルのイタリア人

〜経験豊かな講師陣が、皆さまの上達を徹底的にサポート

安心の担任講師制度

〜原則として同じ講師が続けてレッスンを担当します〜

少人数でのレッスン

〜会話量が豊富、質問をしやすい雰囲気〜

急なお仕事、予定が入っても安心の振替レッスン制度

〜当日のキャンセルでもOK。レッスン料が無駄になることはありません〜

しっかりサポート!レッスン内容や宿題のご連絡

〜お休みされた日のレッスン内容や宿題を、メールにてご連絡します〜

とにかく楽しい!

〜在校生の皆さまのレッスン継続率には自信があります〜

オリジナルテキストを含む豊富な教材

〜初級復習テキスト「Corso Introduttivo a Espresso2」を作成したCiro先生、入門・初級テキスト「Opera Prima」を手掛けたAntonio先生が在籍。テキストの他にもCDやDVDなど豊富な教材をご用意〜

もっとイタリア語を話したい。フリートークレッスンが無料

〜在校生の皆さまは、60分のレッスンに無料で何度でも参加できます〜

その他にも特典を多数ご用意!詳しくは会員特典をご覧ください。

※在校生の皆さまへ ≫ 詳しいレッスンスケジュールはこちら

piazzaItalia レベル別学習内容

レベル レッスン内容 文法

A1

挨拶、自己紹介、出身地と名前を聞く、感謝の気持ちを表す

人称代名詞、冠詞、定冠詞、不定冠詞、疑問詞、名詞、前置詞、‐are動詞、Avere動詞

A2 バールやレストランで注文する、お勘定を頼む、レジャー・習慣・好みについて話す、賛成・反対の意見を述べる、希望を言う

-ere・-ire動詞、 名詞の複数形

否定形、間接代名詞、Mi piace

B1 ホテルの部屋の予約、値段等の情報を聞く、部屋の様子を説明する文句を言う、部屋を借りる、場所を描写する、道案内 c‘eとci sono、前置詞+定冠詞、月、序数、形容詞、部分冠詞
B2 以前の経験を語る、過ごしたバカンスについて話す、買い物と習慣、好み、食生活、店を描写する、レシピを教えてもらう 近過去、規則と不規則過去分詞、絶対最上級、直接代名詞+ne、非人称
B3 働く時間、一日の過ごし方と習慣、洋服を描写したり、買ったり
商品の交換する、好み、比較を言う
慣用句、再帰動詞、副詞、間接代名詞、比較級、縮小辞


C1 家族について話す、写真を描写する、子供時代を語る、昔の習慣について話す、状況を説明する、例として引用する 所有形容詞、相対最上級、再帰動詞の近過去、近過去と半過去の使い方
C2 人を描写する、人物を比較する、性格について語る、丁寧に聞く、推測する、提案する、助言を言う、承諾と拒否、待ち合わせをする、最近起こっている事を言う farcela、他動詞、自動詞、比較級、条件法現在、進行形、近過去+直接代名詞、関係代名詞

D1 依頼する、自分がやりたいことをもっと詳しく言う、情報を聞く、バカンスにいて話す、驚き・残念な気持ち・願望を表す、食べ物と生活について話す 意図と願望を表す半過去、sapereとconoscereの近過去、半過去、命令形と代名詞の使い方
D2 体調と症状を伝える、助言と指示を出す、運動についての質問と自分の意見、相手を説得する、将来について話す、推測と条件を伝える、履歴書を書く、仕事について話す 否定命令形と代名詞の位、buono/beneの比較級と最上級、未来形代名詞と名詞ne、現実的な仮定文
D3 要求、希望を表す、家具やその配置を描写する、推測する、自分の意見を強く言う、謝る、慣用句、興味を示す、会話を刺激的にする 接続法、ジェルンディオの仮定文、stare per+動詞の原型、piu’ cheの比較、non sopporto+接続法


E1 失望と諦めを表す、許可を求める、物を貸す、疑問と文句を言う
賛成と反対、助けを求める、物事を確認する、禁止を表す、原因を聞く、長所と短所を言う、地理を説明する
Prima di+動詞の原型、大過去、関係代名詞、間接補語+直接補語、条件法、遠過去
E2 物を描写する、原因を聞く、心配を表す、不満をもらす、正当化する、相手を責める、電話の会話、伝言を残す、協力する 接続法の復習、接続法過去、時制の一致再帰動詞と他動詞の使い方、先立つ未来、接続法大過去、間接話法

F1 示唆する、条件を説明する、考え直す、本のあらすじを言う
興味を示す、判断、記事の内容を尋ねる、状況を説明する、賛成・反対の理由を述べる
A patto che/purche’+接続法、比較級最上級、使役動詞、nonostante+接続法、再帰動詞の非人称
F2 希望、可能性を言う、約束を相手に思い出させる、自分のこだわりを言う、誘いを断る・その理由を言う、仮説を立てる、怒りを表現する、何かに反論する、状況とその後の成り行きを言う Magari+接続法大過去、過去における未来を表す条件法過去、ジェルンディオと代名詞、非現実の仮定文
F3 落胆の気持ちをいう、正当化する、お願いする、相手を説得する、他の人が言ったことを伝える、日程を説明する、場所についての情報を与える、心配や好みを言う 接続法と時制の一致、過去の間接話法andareの受動態、il cui/la cui,affinche’+congiuntivo